茨城で人気の太陽光発電   no comments

Posted at 10:08 pm in

茨城では、太陽光発電に力を入れています。そもそも日照時間が長い県という好条件もあり、年間発電量も多いです。太陽光発電で家庭用の電力が作られるまでの仕組みは、家庭の屋根等に設置したソーラーパネルが太陽の光を受け、電力を作り出します。次に、接続箱という、発電された電力を一ヶ所に溜めておける装置に集めます。家庭で使われる電気は交流電流ですが、作り出された電力はそのままだと直流電流なのでこのままでは使うことができません。なのでパワーコンディショナーという機器で直流電流を交流電流に変換します。そして家庭内の電力として、それぞれの電気製品で使えるように割り振られます。このとき、近年登場した売電をする場合には、家庭で使った電力の余剰電力が電力会社に流して売ることができます。これは分電盤という装置が自動的に割り振ってくれます。


茨城で始める太陽光発電

最近、自宅に太陽光発電を取り付ける人が急増しています。一度取り付ければ、ずっと使えて経済的なだけでなく、エコでもあります。でも、太陽光発電には太陽の光が大事です。雨の日や曇りの日には効果が落ちてしまいます。雪が多い地方では冬場は使えなくなってしまいます。発電に向いた地域、向かない地域があるのです。では、日本で太陽光発電に向いた地域はどこでしょうか?それはズバリ茨城です。第一に、茨城は関東圏で安く発電機を導入できます。それに加えて天候も穏やかで、緯度的にも光量が豊富なのです。それに、この地域は関東の電力供給場といってもよい存在で、電力施設が集中しているのです。ですから、家で使いきれなくなった過剰な電力を良い値段で近隣の発電所に買ってもらえるのです。もし今後、茨城で家を買おう、建てようと考えているのでしたら、太陽光発電を考えてみるのも良いのではないでしょうか。


茨城で家を建てるなら太陽光発電工事も一緒に

茨城県は、北海道に次いで太陽光発電でつくられる発電量が多い都道府県です。太陽光発電の設置のタイミングとして一番安く済むのは、新築にするときです。これから茨城で家を建てるという人は、一緒に太陽光発電工事も行っておくとベストタイミングだということです。太陽光発電は、日射を受ける角度や方位を計算することが最も大切なのですが、これが行いやすいのは新築時です。また、まだ場所を検討中の人ならば、日射量の多い土地選びから始めることができます。また、工事費用が割安になるという点も見逃せません。普通、パネルの設置には足場を組んだりする手間がかかりますが、新築時にはその工事をまとめて行うことができます。また、配電なども一緒に行えます。一度取り外して、繋ぎなおして、などといった作業の手間が省けるので安く済むということです。

Written by admin on 6月 27th, 2014

Leave a Reply