茨城の地域密着型業者に頼む太陽光発電

茨城県で家庭用太陽光発電システムを検討しているのならば、地域密着型の業者に頼むと良いです。販売・施工・アフターケアが受けられるので、買って終わりという感じになりません。例えば、工事の品質がどの程度のものなのか、設置後のトラブルには対応してくれるのか、新築やリフォームなど家のことと一緒に相談したい、本当にコストパフォーマンスが良いのか、設置することのメリット・デメリットはどんなところか、などの疑問に丁寧に対応してくれます。また、しつこい勧誘などがないので、相談だけでも気軽に行うことができます。太陽光発電システムは、まだまだ始ったばかりのエネルギーシステムなので、わからないことがあるのは当然です。それを気軽に相談できて、設置後のアフターサービスをしっかりやってくれそうな業者を見つけるのは重要なことです。


茨城の太陽光発電ローンを上手に利用する

太陽光発電の装置を家庭に設置するには、だいたい200万円近くかかると言われています。初期費用が200万円ということで、その後のメンテナンスなども考えてみると、なかなか導入に決心がつかないという家庭もあるでしょう。茨城県でも、他の都道府県でも、この不安を和らげるために太陽光発電ローンというものがあります。これを利用すれば、生活費が一気に減ってしまうリスクを回避できます。また、太陽光発電には売電という独自の仕組みがあります。家庭で余った電力を電力会社に売ることができる仕組みですが、これとオール電化でガス代を節約していけばかなりの節約になります。これらで初期費用を打ち消していくと、補助金制度や融資優遇制度なども合わせて、約10〜15年で元がとれる家庭もあるようです。また、場合によっては利益が出ることもあります。


茨城の太陽光発電の系統連携サービス

系統連携というのは、家庭で太陽光発電を行う際に、自宅で発電した電力をの余剰分を電力会社に送るために送電線などを繋ぐことです。系統連携をするまでの手続きとして茨城では、まず電力会社に申請を行います。そして電力会社から検査などを行ってもらうことになるのですが、この諸検査が全て完了するまでには申請からだいたい2ヶ月ほどの期間が必要です。茨城では設置した業者が代行でこれらの手続きを行ってくれるので自分で行う必要はありません。ただし、前もって確認しておかないと、申請から家庭用の発電装置として使えるまでに時間がかかってしまいます。太陽光発電の設置工事が完了していたとしても、申請して許可を受けるまでは自家発電と売電をすることができません。特に、工期が短い場合には工事終了後に申請の返事が来てしまう可能性があるので、業者が決まったらなるべく早めに申請手続きも頼みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*