茨城の太陽光発電4つのメリット   no comments

Posted at 9:55 pm in

茨城は海が近いこともあり、様々な発電方法を開発している土地です。近年では太陽光発電が原子力発電に代わり話題になっています。太陽光発電システムを家庭に導入することには、以下のような4つのメリットがあります。光熱費の削減につながる・二酸化炭素の削減につながる・災害時に発電できる・融資優遇制度を受けることができる、ということです。光熱費は、日中の電力を家庭で発電できるので削減になります。また、オール電化システムと一緒に使えば、ガス代もかかりません。二酸化炭素を出さない発電方法なので、地球温暖化対策に貢献することになります。災害時には自立運転機能が発動するので、パワーコンディショナーの非常用コンセントから直流電流を使うことができます。国の補助金制度は2014年3月末をもって終了しましたが、住宅金融機関で融資優遇制度を受けることができます。


茨城の原子力発電と太陽光発電

茨城は原子力発電で活躍していたこともありました。それと同時に、太陽光発電というクリーンエネルギーという新エネルギーでも活躍が期待されています。日本のエネルギー事情として、世界でも4番目のエネルギー消費国だという事実があります。ちなみに、1位がアメリカ、2位が中国、3位がロシアです。しかも、一次エネルギーはほとんど外国依存で、外国から96%輸入しています。1973年、1979年に起きたオイルショックをきっかけにして、石油依存からの離脱を計ってからは、石炭・石油・天然ガス・原子力・水力、などでバランスよく発電してきましたが、2011年の原子力のトラブルをきっかけにして、原子力に変わる発電システムが求められています。そこで最も注目されているのが、太陽光発電です。太陽光発電は再生可能エネルギーというメリットから、国も推進を進めています。


茨城の家庭で太陽光発電

太陽光発電は、原子力に変わって新しい発電方法として期待されている方法です。茨城では企業でも推進事業を行っており、湾岸地域には大規模なメガソーラーが設置されています。現在、日本に必要なエネルギーを作り出すシステムの条件として、二次エネルギーを効率良く安定的に作り出すことができ、費用が安く、地球に優しいということです。そして、最も大切なのは安全なシステムである、ということです。どんなに優れたシステムでも、安全に使えなければ条件に当てはまりません。この条件を全て兼ね揃えている発電方法は、残念ながら不可能です。しかし、この条件に最も近いのが太陽光発電と言われています。太陽光発電が注目されるのは、家庭でも発電装置が比較的設置しやすいからです。他の発電方法では、家庭用の小型の装置を開発するのは難しいからです。

Written by admin on 6月 27th, 2014

Leave a Reply