茨城県の太陽光発電について   no comments

Posted at 9:29 pm in

太陽電池は太陽光のエネルギーを利用する電池です。広い受光表面をもつ半導体結晶またはアモルファス板の表面近くにpn結合をつくり可視光線を照射するとp領域とn領域を結ぶ外部回路にpからnに向かう電流が流れます。現在、太陽光のエネルギーを効率的に利用するための研究開発が盛んに行われています。現在の太陽電池の出力は入射光エネルギーの16~24%です。理論最大効率である約30%に近づけるためにキャリア再結合や直列抵抗損失、表面反射損失を減らす研究が行われています。回転式日照計によって測定した日照時間は日照量の目安となります。茨城県の年間日照時間は1868時間であり、全国平均の1865時間とほぼ同じです。太陽光発電の発電量は日照量だけで決まるわけではありませんが、茨城県は発電量も全国の平均に近い値になると試算されています。


茨城県で行う太陽光発電の仕組み

太陽光発電を利用してみませんか。東日本大震災の影響によって再生可能エネルギーが近年注目を集めてます。中でも自宅に設置できる太陽光発電は注目されています。太陽光パネルは自宅の屋根や駐車場の屋根などに設置して発電することができます。太陽光パネルの取り付け方法は、まず始めに屋根に太陽光パネルを設置するための金具を取り付けて、そこに太陽光パネルを取り付けます。太陽光パネルが発電した直流電源はパワーコンディショナによって交流電源に変換されます。パワーコンディショナから住宅に設置されている分電盤に電気を送り、分電盤から各部屋のコンセントに電気が送られます。余った電気は電線を伝わり買電されます。太陽光パネルの発電状況は液晶モニターパネルで確認できるため、自然と節電意識が高くなります。茨城県で太陽光発電に興味がある方は買電(電気を売れる)や、節電意識が身に付くのでぜひ利用してみて下さい。


茨城の例を見て太陽光発電を考えよう。

茨城県は、お米や野菜の出荷量が多いことからも分かるように、農業が盛んです。しかし、減反政策や跡継ぎ不足などから、休耕地が増えているのも否めません。その休耕地を活かす方法として、太陽光発電のソーラーパネルを設置する人が多くなってきています。県が実施した意識調査でも、85%の方が新エネルギーの導入積極的で、固定価格買い取り制度の設定設備は、北海道についで全国第2位です。茨城県は、平坦な土地がたくさんある為日射量が豊富で、運転中の設備の発電量は4位ですが、全てが稼働すれば、かなりの供給量になると見られています。潮来市には、関東最大級の「水郷潮来ソーラー発電所」がありますが、そこは地盤が軟弱なため、工業用地として使われずにほっておかれた土地でした。が、太陽光発電なら杭を打たない「置き式」という建設方法があったため、土地の活用に成功したのです。補助金制度もあり、実質0円で始められますと謳っている業者もありますので、茨城の例は、土地活用に新たな可能性を見いだせるものだと思います。

Written by admin on 6月 27th, 2014

Leave a Reply